Googleが販売を始めた Google Play ギフトカード の特徴をご紹介します |

Google発行のGoogle Play ギフトカードとは?

世界中の人々から、人気を集めているGoogle Play ギフトカード。

コンビニや量販店など、多くの小売店やオンラインサイトで取り扱っているGoogle Play ギフトカードですが、販売・陳列されている場所もとてもわかりやすく、誰もが目にした事があるのではないでしょうか?

今回は、Googleが発行している「Google Play ギフトカード」の特徴、お得な購入方法や換金方法を解説し「GooglePlay ギフトカード」を丸はだかにします。

Google Play ギフトカードの利用方法とは?

Google Play ギフトカードはGooglePlay内で購入した額面分だけ支払いができる商品です。

例えば「遊戯王デュエルリンクス」といったゲームAPPの購入や楽曲の購入にも使えます。

Google Play ギフトカードは、現金以外にもクレジットカードやキャリア決済などでも購入する事ができます。

Google Play ギフトカードは、購入した額面以上は使えませんので、余計にお金を使う心配はありません。

Google Play ギフトカードが販売されている場所

Google Play ギフトカードは、GooglePlayが用意しているオンラインサイトだけでなく、amazon、更にはコンビニや家電量販店のようにあらゆる場所で購入可能です。

ギフトカードは、全て非課税の商品ですので、消費税を支払う必要はありません。

消費税を取られることなく、額面の金額が使えます。

Google Play ギフトカードの種類と額面

Google Play ギフトカードは、基本的にEメールタイプとギフトカードタイプに分かれます。

また、金額は1,000円から20,000円までに設定された6種類のカードと、1円刻みで購入できるバリアブルカード形式が存在します。

Google Play ギフトカードを購入する場所には注意が必要

店頭で販売されているGooglePlayギフトカードは、いいのですが、個人的に販売を行っているオークションサイトでは注意が必要です。

販売されているギフトカードは、通常よりも安いように感じるかもしれません。

ところが、販売されている場所次第では、提供されるGooglePlayギフトカードのコードが使えない問題もあります。

初めての方やトラブルを避けたい方は、利用を控えた方が賢明です。

Google Play ギフトカードを安くて安心して購入できる方法を教えます!

GooglePlayギフトカードを、安く手に入れたいなら、額面よりも安く購入できる手法を紹介します。

この方法では、通常よりも安く購入できて、額面は変わりません。

一番安く購入できる場所は、売買サイトという、個人間の取引を仲介して、不要とされているギフトカードを他のユーザーが購入する事ができる仲介の仕組を利用したサイトです。

販売金額は非常に安くなる場合もあり、時には額面よりは1割程度安くなっています。

中には2割以上安く取り扱っている出品者もいます。

更に、返金保証などを準備して、返金保証を行って多くの人が利用して活況のある売買サイトは、日本の中でも大手に該当する、Gifttissue と ベテルギフトの2社ですので、この2つから選ぶことが望ましいでしょう。

使わないGooglePlayギフトカードは売却によって換金可能

不要なGooglePlayギフトカードをお持ちなら、早々に換金も良いかもしれません。。

換金を希望している際、一番理想的でお得な方法は、GooglePlayギフトカードの 買取サイトを使う方法です。

GooglePlayギフトカードの 買取サイトは、換金率も高く、最大で90%前後の数字を提供しています。

他の換金方法よりも高い数字で買取を行っているのです。

更に、ネットで受付を行い、銀行振込などを利用してお金を送金しますので、来店という手間がなく、自宅で換金可能です。

営業時間は、驚くことに365日年中無休!さらに24時間営業で、お金が欲しいと思った瞬間に現金化を依頼できる良さを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)